付箋の効果的な利用方法

付箋は、ノート書く時、参考書で勉強する時等に使うことが多いですが、ぐちゃぐちゃしたりして悩むことが多いですよね。選ぶ時は、5色ある付箋が1番おすすめで、付箋がぐちゃぐちゃにならないようなカバー型の付箋を選ぶと良かったりしますよ。

付箋を使う時は、色ごとに目的を決めて使うと良く、黄色とオレンジは割と目立つので視覚的に使うにはとてもおすすめなのです。そして、青色や緑色は集中力をあげますので、間違えた時に青ペンで書くのも効果的だったりしますよ。最後に、赤色は集中力はなくす色ですが、印象に残りやすいですので、本当に覚えたい重要なことに使うことはとても効果があるのです。

基本的に、付箋は使い捨てですので、使い終わったら捨てるのもありで、付箋は量が増えたり減ったりしますので、付箋は沢山使ったほうが良いのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る