間違った蛍光ペンの使い方、効果的な使い方とは?

勉強ではカラーペンを活用する事が大切ですが、蛍光ペンをもっと効率的に使う方法がありますのでぜひ参考にしましょう。

とりあえず教科書の大切そうだと思った部分に蛍光ペンで線を引いたという経験のある方も多いかもしれませんが、教科書には大切な事しか書かれていませんから間違った使い方なのです。

蛍光ペンを使うなら単語のみ線を引くという方法で、その部分をしっかりと覚える事が大切ですから、まず知らなかった単語を塗る色を決めて、次に確認して覚えられなかった単語を塗る色を決めて、それでも覚えられなかった単語を別の色で塗るのです。

塗る色を変える事によって、その回数分も復習する事ができますし、なかなか覚えられなかったフレーズも一目瞭然ですから、自分が覚えられなかった単語を理解する事ができるそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る