漢字の覚え方のコツ

今回は小学生で学ぶ漢字を覚えるコツをご紹介致します!
小学生のうちに漢字を覚えるコツが分かれば、漢字が好きになり、より積極的に漢字を覚えていってもらえます。

まず漢字とは一体何か、漢字とは中国漢民族の間で作られた「漢語」を表す為に作られた文字です。
漢字は意味を形に置き換えた文字の集まりである「表意文字」で、一つ一つの形、漢字に意味があります。
例えば「山」という漢字だったら、盛り上がった土地が3つ並んだ表現が良くされますね。
アルファベットのAを見ても意味は分かりませんしありませんが、山という漢字は見ただけで「山のこと」であることが分かりますし、看板で良くある「危」という一文字だけで「ここは危険なんだ」ということが分かります。

ではどうやって漢字を覚えるのかというと、いきなり形から覚えるのではなく、語源から覚えていくようにしましょう。
例えば「示」という漢字は、神様に供える物の入れ物が語源で、そのまま入れ物の形が漢字になっています。
このように覚えるとストーリー性があることで面白いですし、漢字の意味と語源は繋がっているので、漢字の意味も一緒に覚えることが出来て楽です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る