小学生の効率アップ勉強法

中学生になると定期テストが始まるようになり、前日に勉強すれば点数が取れる小学生のテストとは違い、短期間で集中的に勉強をしなければ点数を取ることが出来なくなります。
これをまだ小学生だから関係ないと思ってしまうと、いざ中学生になった時に勉強の仕方が分からず、周りに置いてかれてしまう可能性もありますから、小学生の家から効率的な勉強を行なっていく必要があるのです。

先ほども記載した通り、小学生のテストは簡単なものばかりなので、1日30分や1時間勉強をして、後の時間は好きに遊んでもらって構いません。
小学生の勉強は点数を取ることを目的とするよりも、勉強に慣れることの目的の方が大きいからです。

ではどういった勉強をしていけば良いかと言うと、国語は音読と漢字練習、算数は教科書の問題と学校から配られるワークを解いていくようにすれば良いでしょう。
授業の内容が理解できている、つまり基礎ができていれば無理に市販されているドリルを買って解いていくという必要はありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る