入試問題の優先順位の付け方

こちらの動画では入試問題に対する優先順位のつけ方を抗議されています。

入試問題には大きく3つに分けることができ、1つ目は誰でもできるオーソドックスな問題、二つ目は合格者はできるが、不合格者はできない問題、3つ目は誰にも解くことができない問題です。
勉強をしていく中でも優先順位は1番ほど優先するべき問題であると解説されています。

①については、オーソドックスな問題で、絶対に暗記しておかなくてはいけない問題です。
②については、最も差がついてしまう問題で、合格者はしっかりと解けている問題ですので、しっかりと覚えておく必要が有ります。
③については捨て問と呼ばれており、満点はとらせないといった感じで掲載されているパターンが多いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る