勉強は量が大切?自信をつける勉強

勉強は質と量のどっちが大切なのか知っていますか?

勉強は量が大切だと言われていて、量をこなす事によって勉強に慣れるため、勉強するスピードを上げる事ができるという事ですから、とにかく勉強量を増やして沢山勉強する事によって自然とスピードも付けられるのです。

量をこなすと勉強の経験値が増えるため、問題を解いた事があるという経験があれば、見た事がある問題が増えるため問題を解くときにもアドバンテージになりますし、問題を解く正確性も高められるのです。

今までやってきた勉強に対して自信が持てない人が勉強に自信をつけるためには、勉強の量が多ければ多いほど不安を抱えずに本番の試験に挑む事ができますから、勉強は量をこなす事を意識しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る